本文へスキップ

有限会社商品科学研究所は3Dデザインから製品化まで提案する物づくり会社です。

TEL. 06-6263-0203

〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-18

NC機切削による和菓子木型  作品及びデータ

和菓子木型

和菓子意匠データを3DCAD/CGにより作成し、NC切削機により木型を作成します。
材質は桜を使用します。桜は緻密で歪みが少ない。NC切削では熱を持つので他の板材はすぐに反ってしまいます。また、菓子木型自体使用後水洗い・乾燥を繰り返すので歪み・反り・割れはどうしても発生する場合があります。特に2枚型の上型は薄く反りが出やすいです。その場合上型のみの発注でもNC切削機なら作成したデータを再度切削しピッタリの再発注に仕上げることができます。







NC機で切削します。

写真の木型は干菓子用です。角ばった菓子形状ですので3DCADはRhinocerosが使い勝手がよくきれいに仕上がります。切削は3mmエンドミルから2mm、最終仕上げは0.6mmボールエンドミルにて仕上げています。加工形状によりソフトもCADかCGかそれとも両方か。切削も刃の形状・サイズ等最適な設定をします。選択内容により仕上がりが変わってきます。

仕上

NC機で切削しても最終的に手作業の微調整や磨きをします。山桜は磨くと綺麗な木目がでて淡い桜色が点します。裏に山桜の焼印を入れ完成です。

板型の作成

麻の葉や紗綾型、籠目など和柄幾何学模様は手彫りでは深く彫ることが難しい。機械彫りなら深く綺麗に彫ることができます。網目などの重なりもデータを確認しながら作るので綺麗に網目彫りができます。


データ化

3DデザインをCAD/CGでするメリットはデータ上での確認・修正が可能でコンピュータ上でレンダリングできシュミレーションできる点にもあります。またCADは正確ですのでクリアランスを0.01o単位で設定できます。(それ以下もできますが実質的でない)CADは正確性CGはイメージ的な感じで使用します。CADで外形を取り細部はCGで作成するのも一般的です。
寺社供物
寺社の御供物木型を作成上の写真は六角柱に下がり藤の御干菓子を貼った御供物。その他桟木などもあります。







月餅型

月餅型の形状は上記のようになります。先の部分を打ち付けて月餅を木型から抜きます。







帽子記章

帽子記章をモチーフにした落雁木型です。写真や絵からでも綺麗な落雁木型ができます。記念品等に喜ばれます。












3D意匠の複製・縮小拡大・配置

上図鯛は1匹〜3匹まで同じ鯛を利用しスケール変更・レイアウト変更などが簡単にできる。NC切削機のエンドミル(回転刃)で切削できる範囲まで縮小可能。。

















菓子型が面白い

現在残っている絵図帳や文書から伝統の和菓子意匠を復活させたり、新しい意匠と伝統との融合も可能です。また新しい形の割型の設計も可能でやっとソフトや機械が創造性に追いついてきた感じで面白いことだと思います。






和菓子ページにもどる


バナースペース

有限会社商品科学研究所

〒569-1121
大阪府高槻市真上町5-35-4

TEL 072-668-5681
FAX 072-668-5682